Go to Contents Go to Navigation

感染者が倍増433人に 大邱の教会関係者が231人=韓国

社会・文化 2020.02.22 18:30

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は22日、この日午前9時から同午後4時までに新たに87人の感染が確認されたと発表した。この日午前に発表された142人を合わせると、一日で感染者は229人増えた。韓国での感染者数は計433人となった。

大邱市内の保健所。同市では多数の新型コロナウイルスの感染者が出た(資料写真)=(聯合ニュース)

 新たに感染が判明した87人のうち、新興宗教団体「新天地イエス教会」の大邱市の教会と関わりがある人は62人。大邱市の45人、慶尚北道の8人をはじめ、ソウル市や京畿道、釜山市など全国で同教会関係者の感染が新たに確認された。

 同教会関係者の感染者は計231人となり、国内感染者433人の53.3%に達する。

 集団感染が発生した慶尚北道・清道の病院に関連した感染者は3人増え、計111人となった。同病院で入院患者2人が死亡し、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されている。

 大邱市と慶尚北道で発生した感染者は計352人となった。

 一方、感染者のうち1人が同日付で隔離措置が解かれ、完治して病院を退院した人は18人となった。

ikasumi@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。