Go to Contents Go to Navigation

ヨルダンも韓国からの入国禁止 6カ国・地域に=新型肺炎

記事一覧 2020.02.24 10:02

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染が韓国国内で拡大していることを受け、ヨルダンが韓国を出国してから14日が経過していない外国人の入国を禁止し、韓国からの入国を禁止している国が6カ国・地域となった。韓国政府は防疫態勢などを詳しく説明し、過剰な対応を防ぎたい考えだが、こうした措置はさらに拡大する懸念がある。

閑散としている仁川国際空港の出発ロビー(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国外交部によると、23日時点で韓国からの入国を禁じているのはイスラエルとバーレーン、ヨルダン、キリバス、サモア、米領サモア。

 また、ブルネイや英国、オマーン、エチオピア、ウガンダなどは韓国などからの入国審査の厳格化や14日間の隔離などの措置を取っている。米疾病対策センター(CDC)は日本とともに韓国について渡航警戒レベルを3段階のうちレベル2の「注意を強化」に引き上げた。

 韓国政府は各国による行き過ぎた入国制限や韓国への渡航自粛を防ぐため、韓国の防疫に対する取り組みや新型コロナウイルス感染に関する正確な情報を各国に伝える方針だ。

 韓国で感染者が急増しているものの、全国的な拡大ではなく南東部の大邱・慶尚北道など一部地域に限定されていること、新興宗教団体の信者など特定集団に集中していることを説明していく。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。