Go to Contents Go to Navigation

韓国軍内でも感染拡大 11人に増加=兵役判定検査の実施中止

記事一覧 2020.02.24 11:09

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国国防部は24日、同日午前8時時点での韓国軍内の感染者は陸軍8人、海軍1人、空軍1人、海兵隊1人の計11人だと明らかにした。

バスターミナルでバスを待つ軍人。石けんでの手洗いなど新型コロナウイルスへの感染予防策が掲示されている。国防部は22日から、感染の拡大防止に向け全ての将兵の休暇、外出、外泊、面会を制限している=(聯合ニュース)

 23日午後6時時点では7人だったが、夜に4人の感染が新たに判明した。この4人は軍部隊内で感染者と接触しており、これによって感染した疑いがある。軍では集団生活を送るため、部隊内で2次、3次感染が起きれば集団感染に広がりかねないとの懸念も強まっている。

 韓国軍では今月20日に最初の感染者が発生した。南部の済州島にある海軍部隊で勤務する兵士で、現在感染が急拡大している南東部の大邱に帰省後、感染が判明した。

 23日の時点で、軍は将兵や軍属など約7700人を隔離している。今月10日以降に本人または同居する家族が大邱や近隣の慶尚北道永川市、清道郡を訪れた将兵や軍属6400人ほどが予防の意味で隔離され、隔離人数が大幅に増えた。

 一方、感染症の危機警報が最高レベルの「深刻」に引き上げられたことに伴い、兵務庁は24日から3月6日までの間、全国で兵役判定検査の実施を中止する。感染の状況によっては中止期間が長引く可能性もあるという。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。