Go to Contents Go to Navigation

ソウル市が時差出勤導入 計4万2千人対象=新型肺炎対策

記事一覧 2020.02.24 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で感染症の危機警報が最高レベルの「深刻」に引き上げられたことを受け、勤務時間の開始を1時間遅らせる時差出勤の導入など、新たな対応策を発表した。通勤ラッシュを避け、感染拡大を防ぐのが狙いだ。

バス停を消毒するソウル市関係者(同市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同日から新型コロナウイルスの防疫担当者らを除き、職員全員の70%以上の勤務時間が午前10時から午後7時になる。市内の25の区や同市関係機関などの職員計約4万2000人が対象となる。

 また、保育園約5700園は来月9日までの2週間休園とし、蚕室室内体育館や市立図書館など文化体育施設73カ所は休館する。

 スポーツイベントは中止が困難な場合、イベント規模を縮小し、無観客で行う方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。