Go to Contents Go to Navigation

国会もストップ 最大野党幹部が急きょウイルス検査へ=韓国 

記事一覧 2020.02.24 15:16

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が国会議員と接触していたことが明らかになり、24日の国会本会議が急きょ中止になった。

国会の対政府質問(資料写真)=(聯合ニュース)

 与野党はこの日予定していた国会での対政府質疑などの議事日程を取り消し、感染者の動線などを明らかにするための調査に乗り出した。

 国会の韓ミン洙(ハン・ミンス)報道官はこの日緊急の会見を開き「きょう午後2時に予定されていた国会政治・統一・外交・安保分野の対政府質疑は開かれない」と伝えた。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が新型コロナウイルスに関する報告を受けて24日の本会議を開催しないことを決めたという。 

 与党「共に民主党」と最大野党「未来統合党」はこの日、本会議の順延に合意し、25日以降の日程については今後協議することにした。

 この日午前、新型コロナウイルス感染者と接触した未来統合党の沈在哲(シム・ジェチョル)院内代表がウイルス検査を受けることになり、共に民主党の李仁栄(イ・インヨン)院内代表が沈氏に本会議の順延を提案したとされる。 

 未来統合党はこの日午前11時ごろ、同党の議員総会に出席するために集まった議員に対し、議員総会の中止を伝え、国会本会議も与野党の合意により順延が決まったと説明した。

 共に民主党の尹厚徳(ユン・フドク)議員は聯合ニュースの取材に対し、「沈院内代表の検査結果が出た後に国会日程を協議する」と話した。 

 国会はこの日の本会議で国会常任委員長(情報委員長・教育委員長)の選出、国会新型コロナウイルス対策特別委員会の構成などの案件を処理し、その後、政治・外交分野の対政府質疑を行う予定だった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。