Go to Contents Go to Navigation

「集団感染」教団信者全員のウイルス検査へ 名簿提供で合意=韓国当局

社会・文化 2020.02.25 08:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の新興宗教団体「新天地イエス教会」の多数の信者が肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに感染した問題で、韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は25日、同団体から全国の信者リストを提供してもらい、全員のウイルス検査を行うと発表した。調査結果は随時、公開するという。

韓国南東部、大邱市南区の保健所関係者が、新型コロナウイルス感染者が多数確認された区内の新興宗教「新天地」の教会周辺で防疫作業にあたっている=20日、大邱(聯合ニュース)

 対策本部によると、政府は新天地イエス教会と協議し、全国の信者リストと連絡先の提供で合意した。リスト提供などに協力しない場合、法的措置を講じざるを得ないことを強調したところ、同団体が前向きな姿勢を見せたと説明した。

 政府は信者リストを入手し次第、全員を対象にウイルス検査を行う方針だ。

 新天地イエス教会については、南東部・大邱の施設で礼拝に参加した信者らを中心に感染が広がっている。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。