Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS新譜が米・英チャートで1位へ K―POP史に新たな1ページ

記事一覧 2020.02.25 10:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が21日に世界同時発売した4枚目のフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」が、世界の2大音楽チャートである米ビルボードと英オフィシャル・チャートで同時に1位を記録すると予想され、K―POPの歴史を再び塗り替えることになりそうだ。

BTS(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ビルボードは24日(以下現地時間)、予告記事とSNS(交流サイト)でBTSの新譜がメインアルバムチャート「ビルボード200」の最新ランキングで首位を獲得する見通しだと明らかにした。

 同チャートでは、昨年4月に「MAP OF THE SOUL:PERSONA」、2018年9月に「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」、同年6月に「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」が1位に輝いている。

 英オフィシャル・チャートも同日、BTSが今回のアルバムで2回目の1位となることが予想されると発表。CDとダウンロードを合わせた販売枚数がライバル3組の合計を上回ったとして、圧倒的1位を予告した。

 BTSは、「MAP OF THE SOUL:PERSONA」で韓国歌手として初めて英オフィシャル・チャートで首位に立った。

 アルバムチャートで1位を確実にしたBTSが、シングルチャートでどのような成績を残すかも注目される。「MAP OF THE SOUL:PERSONA」のタイトル曲「Boy With Luv」はビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で8位にランクインし、オフィシャル・チャートでは13位を記録した。 

BTS(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 通常、アルバムチャートはファン層からの支持と密接に関係しているが、シングルチャートの影響力は大衆性の高い「ヒットソング」と関連があると考えられる。

 今回のアルバムが世界の批評家たちから比較的高い評価を得ている点も目を引く。

 米誌ローリング・ストーンは24日、新譜のレビュー記事で「BTSが自身のポップミュージックの熟練度を野心的にアピールした」と評価。5点満点で4点をつけた。

 ポップス界最高の栄誉とされる米グラミー賞にはまだノミネートされていないBTSが、今回のアルバムを足掛かりにグラミーへと羽ばたくかも注目される。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。