Go to Contents Go to Navigation

韓米国防相 合同演習「規模縮小」を検討=新型コロナ拡大で

記事一覧 2020.02.25 11:01

【ワシントン聯合ニュース】エスパー米国防長官は24日(米東部時間)、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来月に予定している韓米合同軍事演習の規模縮小を検討しているとの立場を示した。韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官との共同会見で明らかにした。

エスパー米国防長官(左)と鄭景斗国防部長官=(AP=聯合ニュース)

 これに対し、鄭長官は「合同演習については、いかなる場合でもさまざまな方法を通じ、韓米連合防衛態勢と韓米同盟が強固に維持されるようにする」と説明した。

 韓国では感染者が急速に拡大しており、両国軍の合同演習は今後の状況をみながら対応を判断することになるとみられる。

 韓国の中央防疫対策本部によると、25日午前9時現在(日本時間)、韓国での感染者数は計893人、死者は8人となっている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。