Go to Contents Go to Navigation

中国からの入国禁止求める声に「立場変化なし」 韓国当局

記事一覧 2020.02.25 14:33

【世宗聯合ニュース】新型コロナウイルスを巡り、韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官(保健福祉部次官)は25日の会見で、中国からの入国を禁止するよう求める意見が相次いでいることについて、「現在としては立場の変化はない」とし、現行の水準を維持する方針を重ねて示した。

政府世宗庁舎で開かれた中央災難安全対策本部の会見=25日、世宗(聯合ニュース)

 韓国政府は現在、中国・湖北省からの外国人の入国を禁止している。中国や香港、マカオは新型コロナウイルスの「汚染地域」に指定し、この地域からの入国者は検疫強化など入国審査を厳格化している。だが、入国禁止の範囲を湖北省から中国全土に広げるよう求める声が相次いでいる。

 一方、米疾病対策センター(CDC)が韓国への渡航注意情報を3段階ある警戒レベルのうち最も高い水準に引き上げたことに関しては、「CDCが発令する警報は韓国旅行を禁止する内容ではない」として、「旅行時の疾病リスクを段階別に区分したもので、韓国に旅行する際は(新型コロナウイルスの)危険性に考慮するよう促す意味」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。