Go to Contents Go to Navigation

文大統領 集団感染発生の大邱で対策会議=危機克服呼びかけ

記事一覧 2020.02.25 16:13

【大邱聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が25日午後、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が集中している南東部の大邱を訪れた。

特別対策会議で発言する文大統領=25日、大邱(聯合ニュース)

 大邱市庁で同市の権泳臻(クォン・ヨンジン)市長や関係閣僚と共に開いた「大邱地域特別対策会議」で、文大統領は「今週中に感染者の増加ペースにはっきりとした転換点をつくるべきだ」と述べた。

 また「政府は軍、警察までも投入して民間医療関係者の支援を含めた総力支援態勢を取っている。きょう夕方からは首相が中央災難(災害)安全対策本部長としてここに常駐し、現場の陣頭指揮を執る」と説明した。

 さらに、大邱と周辺の慶尚北道は「複合危機地域」になりつつあるとし、これら地域の社会的・経済的被害を軽減するための特別支援策を講じていると明らかにした。

 文大統領は「一緒に力を合わせれば越えられないことはない」と述べ、自信と勇気を持ってウイルスを克服しようと呼び掛けた。

 中央防疫対策本部によると、韓国での新型コロナウイルス感染者数はここ数日急増し、25日午前9時現在、計893人となっている。大邱の宗教施設での集団感染などが影響し、大邱・慶尚北道の感染者が700人余りを占める。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。