Go to Contents Go to Navigation

海外で最も好まれる韓流コンテンツ 映画は「パラサイト」

記事一覧 2020.02.25 17:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化コンテンツに対する海外消費者の好感度が昨年は全般的に上昇したことが、韓国国際文化交流振興院(KOFICE)の海外韓流実態調査で明らかになった。

アカデミー賞4冠に輝いて喜ぶ映画「パラサイト」の出演陣ら(資料写真)=(聯合ニュース)

 実態調査は昨年、韓国の文化コンテンツに接した17カ国・地域の8000人を対象に実施したもので、テレビ番組や映画、音楽など韓流に関する10コンテンツの消費実態を調べた。

 KOFICEが25日に公表した調査報告書によると、昨年、韓国の文化コンテンツに対する好感度はドラマ(76.0%)、バラエティー(73.4%)、韓国料理(73.3%)、映画(73.0%)の順で高く、いずれも前年に比べ上昇した。映画の好感度の上昇幅は2.1ポイントと美容(2.9ポイント)に次ぎ大きかった。

 韓国の文化コンテンツに対する月平均支出額も増加した。無形コンテンツはドラマ(14.0ドル=約1600円)、ゲーム(13.3ドル)、映画(12.1ドル)、出版物(11.2ドル)、バラエティー(10.8ドル)、アニメ(9.3ドル)、音楽(9.2ドル)の順、有形コンテンツはファッション(31.4ドル)、美容(28.5ドル)、韓国料理(22.6ドル)の順で支出額が多かった。

 好きなコンテンツを尋ねたところ、ドラマでは「ホテル・デルーナ」(原題)が8.2%で最も多く挙がった。映画は「パラサイト 半地下の家族」が12.4%で断然トップ。ゲームは「バトルグラウンド」が18.3%で1位だった。

 一番好きな歌手はBTS(防弾少年団、15.2%)がトップ、次いでBLACKPINK(ブラックピンク、6.5%)、PSY(サイ、5.7%)、TWICE(トゥワイス、2.8%)、BIGBANG(ビッグバン、2.5%)の順だった。

 俳優はイ・ミンホ(7.6%)、ソン・ヘギョ(3.4%)、ソン・ジュンギ(1.9%)、コン・ユ(1.8%)、スジ(1.7%)、イ・ジョンソク(1.7%)の順。

 また、韓国と言えば思い浮かぶイメージはK―POPが18.5%で最も高く、次いで韓国料理(12.2%)、ドラマ(7.8%)、IT(情報技術)産業(7.3%)、韓流スター(5.8%)と続いた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。