Go to Contents Go to Navigation

韓国のコロナ感染者 5割超が大邱教会関連

記事一覧 2020.02.26 16:11

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は26日、同日午前9時時点の韓国での感染者計1146人のうち、新興宗教団体「新天地イエス教会」の南東部・大邱の教会に関わりのある人は597人(52.1%)だったと明らかにした。

「新天地イエス教会」大邱教会前での消毒作業の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 大邱に近い慶尚北道・清道の病院に関連のある人は114人(10.0%)で、前日から1人増えた。内訳は患者が103人、職員が10人、患者の家族1人。114人のうち7人が死亡し、80人は同病院に入院中、26人は外部の医療機関に搬送された。残りの1人は他地域で治療を受けている。同病院では先月31日から今月2日にかけて新天地イエス教会の教祖の兄の葬儀が営まれ、少なくない信者が参列したとされる。

 この教会と病院での集団感染による感染者は計711人に上り、全体の62.1%を占める。

 このほか、全国で小規模な集団感染が同時多発的に起きている。

 南部の釜山では同日午前9時の時点で50人の感染が確認され、このうち東莱区にある教会関連が23人で最も多い。慶尚北道では漆谷郡の施設で22人と、集団生活を送る福祉施設で多数の感染者が出ている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。