Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ 韓国での致死率1%水準=高齢者や持病ある人は高く

社会・文化 2020.02.26 16:51

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスによる致死率は1%水準で、死亡者は高齢者や持病がある患者を中心に発生していることが26日、分かった。

会見を行う中央防疫対策本部の鄭本部長=26日、清州(聯合ニュース)

 韓国政府の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は同日に行った記者会見で、「一般の成人の致死率は極めて低いが、高齢か糖尿、心血管疾患などがある人は致死率が高い」と説明。中国・湖北省を除く地域での致死率(0.4%)より韓国の致死率が高いとの指摘については、「平均的な致死率は地域・国、医療システムによって異なる可能性がある。現段階で計算するのは無意味で、少し時間が経ってから正確な数値が分かる」と述べた。

 また、「国内での致死率を下げるため、初期から厳格に重症度を分類し、重症患者を集中的に検査、治療できるようシステムを整備する」との方針を示した。

 同日午前9時時点の韓国での新型コロナウイルスの感染者数は1146人で、死者は12人となっている。死亡原因が特定されていない死者2人を除けば致死率は0.87%で、2人を含めば1.04%となる。

 24日時点の湖北省での致死率は2.9%、同省以外の中国地域では0.4%となっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。