Go to Contents Go to Navigation

ソウルの地下鉄駅に「独島展示室」オープンへ 韓国シンクタンク

社会・文化 2020.02.26 16:53

【ソウル聯合ニュース】韓国政府系シンクタンク、東北アジア歴史財団は26日、日本による植民地時代の1919年に起きた独立運動「三・一運動」から101年を迎えるのに合わせ、28日にソウル中心部の地下鉄、光化門駅に「独島展示室」をオープンすると発表した。

東北アジア歴史財団が運営中の独島体験館(資料写真)=(聯合ニュース)

 展示室は古代から現代までの独島の歴史を説明し、独島に関連がある人物を紹介する。観覧時間は午前11時~午後8時。

 財団関係者は「今年は大韓帝国勅令で独島がわが国の領土であることを国内外に宣言してから120年、民間で10月25日を『独島の日』に制定してから10周年を迎える。27万人が訪れた独島体験館(ソウル・西大門区)の運営の経験を生かして光化門駅でも独島が大韓民国の領土であることを広めていく」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。