Go to Contents Go to Navigation

サムスンが救援団体に27億円を寄付 新型コロナ被害者などに物資支給

記事一覧 2020.02.26 19:29

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスングループは26日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの対策のために合計300億ウォン(約27億円)分の寄付を行うと発表した。

李在鎔サムスン電子副会長(手前右・資料写真)=(聯合ニュース)

 救援団体「希望ブリッジ全国災害救護協会」を通じて消毒液などの医療品、自宅療養を行う人や社会的弱者のための生活必需品、医療スタッフのための健康食品などの物資と寄付金を伝達するという。

 李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は「国民の声援によって成長したサムスンはこのような時、社会と分かち合い、共に歩まなければならない」とし、新型コロナウイルスの感染拡大により被害を受けた人や、対策のために努力している人のために微力ながらできる限りの努力をすると話した。

 今回の支援にはサムスングループの14の系列会社が参加した。

 サムスングループは9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた協力会社のために運営資金の低利での貸し出しなど2兆6000億ウォン規模の緊急支援を行った。13日には国内の景気活性化のために300億ウォン規模の商品券を協力会社に支給した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。