Go to Contents Go to Navigation

韓国のカトリック教会 全てのミサを中止=新型コロナ対策で

記事一覧 2020.02.26 20:42

【ソウル聯合ニュース】韓国のカトリック教会が、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、信者が参加するミサを中止したことが26日、分かった。このようなミサの中止は韓国カトリック教会の236年の歴史で初めて。

ソウル・明洞大聖堂の入口には26日から3月10日までのミサ中止を知らせる案内板が設置された=(聯合ニュース)

 韓国天主教(カトリック)主教会議によると、16の教区のうちソウル大教区など14の教区が25日までに一定期間のミサ中止に踏み切った。残る2教区も26日にミサ中止を決定した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。