Go to Contents Go to Navigation

品薄のマスク ネットで1枚360円超=韓国政府が安定に向け供給へ

記事一覧 2020.02.27 09:55

【世宗聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、韓国で使い捨てマスクの品薄が続いている。特に電子商取引(EC)サイトで大幅に値上がりし、最近は1枚当たり平均4000ウォン(約364円)を上回る価格で取引されていることが27日、分かった。

ソウルの繁華街、明洞の様子。観光客や市民のほとんどがマスクをつけている(資料写真)=(聯合ニュース)

 統計庁は通常の価格調査とは別に、6日から実店舗とECサイトでのマスクの平均価格と品切れの割合を調べている。「KF94」という国内規格を満たす保健用マスクの場合、調査対象である約100のECサイトでの1枚当たり平均価格は10日に3616ウォンだった。一時は3400ウォン台に下がったが、最近は4000ウォンを超えている。

 一方、大型スーパーや薬局など全国300~400の実店舗の価格は2600ウォン台を維持している。ECサイトより安価だが、品切れの店も多い。

 感染拡大前の価格はECサイトのほうが安く、1枚700~800ウォンだった。実店舗は少量販売が多いのに対し、ECサイトは10枚、30枚、100枚入りといった大容量販売が主流なため、1枚当たりに換算すると割安だった。

 ところが感染拡大後は品薄となり、ECサイトでの価格は実店舗より速いペースで値上がりした。価格を自由に設定できるという点も作用した。

 関係官庁はマスクの需給を調整する作業チームで統計庁のデータを毎日チェックしている。

 政府は早ければ27日午後から、薬局や郵便局、農協などをマスクの公的な販売所として1日に計350万枚を供給する予定だ。価格の安定につながるか、注目されている。

 統計庁関係者は「今後は値下がりが予想される。来週くらいには(政府によるマスク供給の)効果を見て取れるだろう」と述べた。

ソウル市内の大型スーパーの衛生用品コーナー。マスク品切れの案内文が掲示されている=26日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。