Go to Contents Go to Navigation

韓国で13人目の死者 70代の新興宗教信者=新型コロナ

記事一覧 2020.02.27 15:33

【大邱聯合ニュース】韓国南東部の大邱市で27日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスによる国内13人目の死者が出た。

消毒作業を行う防疫関係者(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 同市によると死亡したのは70代の男性で、同日朝に呼吸困難を訴えて自宅から救急搬送される途中、心停止を起こして亡くなった。

 この男性は大邱市にある施設での礼拝の参加者を中心に感染者が多数発生している新興宗教団体「新天地イエス教会」の信者で、政府による全数調査の対象者。24日に新型コロナウイルスの検査を受け、翌日に感染が確認された。

 自宅隔離の状態で入院の順番待ちをしており、若干の発熱があったが特別な治療は受けていなかった。持病により過去に腎臓移植を受けていたという。

 「新天地イエス教会」の信者が死亡したのはこれで2人目となった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。