Go to Contents Go to Navigation

韓国保守系新党 元北朝鮮公使をソウル小選挙区の公認候補に

記事一覧 2020.02.28 10:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党だった「自由韓国党」を中心に保守系3党が合流した「未来統合党」が27日、4月の総選挙でソウル市と京畿道のそれぞれ七つの小選挙区に出馬する党公認候補を明らかにした。元北朝鮮駐英公使で2016年に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)氏はソウル・江南甲区に立候補する。北朝鮮脱出住民(脱北者)または亡命者の小選挙区出馬は初。

太永浩氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 同党公薦管理委員会の金炯オ(キム・ヒョンオ)委員長が会見を開き、公認審査結果を発表した。党最高委員会の議決を残すだけで、事実上の確定となる。

 太氏は、党内選挙を経ず、当選が有力な候補者を党公認とする「戦略公薦(優先推薦)」となった。ソウル・江南甲区は未来統合党が議席をもち、現職議員は別の選挙区からの出馬を宣言している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。