Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ巡る政府対応 「間違っている」51%=韓国世論調査

政治 2020.02.28 12:04

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが28日発表した調査結果によると、新型コロナウイルスを巡る政府の対応について「間違っている」との回答が51%となり、「よくやっている」(41%)を10ポイント上回った。

新型コロナウイルスの感染者が急増する南東部、大邱市の市庁舎で開かれた特別対策会議に出席した文大統領=25日、大邱(聯合ニュース)

 調査は25~27日、18歳以上の1001人を対象に実施した。

 2週間前の調査では「よくやっている」が64%、「間違っている」が25%だった。

 同社は「2週間前は中東呼吸器症候群(MERS)の拡大初期より感染者が少なく、死者もなかった」として、「感染が拡大し、政府対応への不満が高まったとみられる」と分析した。

 中国からの入国に対しては回答者の64%が「全面禁止にすべきだ」とし、33%が「全面禁止にする必要はない」と答えた。

 新型コロナウイルスの感染への懸念については「非常に心配している」が46%、「少し心配している」が32%、「別に心配していない」が15%、「まったく心配していない」が6%だった。

 一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より3ポイント下落した42%となった。不支持率は5ポイント上昇の51%だった。

 不支持の理由としては「新型コロナウイルスの対応不備」(41%)が最も多く、「経済・国民生活問題の解決が不十分」(14%)、「外交問題」(7%)などが挙がった。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。