Go to Contents Go to Navigation

駐留経費交渉 韓国人労働者の人件費問題で米に提案

政治 2020.02.28 18:01

【ソウル聯合ニュース】2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める韓米の交渉で韓国首席代表を務める鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表は28日、記者会見を開き、駐留経費負担に関する特別協定(SMA)の交渉妥結が遅れる場合に備え、同軍で勤務する韓国人への人件費支給問題を優先的に解決するための覚書締結を米国側に既に提案した状態だと説明した。

会見する鄭代表=28日、ソウル(聯合ニュース)

 鄭氏は「(負担金の)総額など中核的な争点に対し韓米の立場の差があり得るが、人件費については異見がない。米国側も提案を受け入れると期待している」と述べた。

 韓国人労働者の無給休職が実施されることがないよう、交渉妥結に向けて必要な場合は国会の批准同意手続きを2回にわたり進める準備もできていると説明した。

 在韓米軍司令部は同日、SMAが締結されず、協定の空白が続いているとし、「韓国人労働者らに4月1日から実施される可能性がある無給休職について30日前の事前通知を始めた」と伝えた。

 韓米は今年1月から適用される同協定の締結に向けた交渉を昨年9月から行っているが、韓国側負担額の総額などに対する意見の隔たりを埋めることができず、合意に至っていない。

 在韓米軍は4月1日から韓国人労働者の無給休職が避けられないと主張しているが、米国が韓国人労働者の人件費問題を利用して交渉を有利に運ぼうとしているとの批判も出ている。

 鄭氏は「これまでの6回の交渉を通じて両国が理解の幅を広げてきたが、最終合意に至るには立場の差がある」とした上で、米国側が現在言及している修正案が意味あるレベルの提案であるとみるのは難しいというのが政府の立場だと説明した。

 米国は当初、韓国の20年の負担額として19年の5倍を上回る50億ドル(約5443億円)を要求したが現在は40億ドル前後を提案しているという。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。