Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ感染者 大邱の宗教施設で2千人超=韓国

記事一覧 2020.03.01 17:04

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染者のうち、集団感染が起きた新興宗教団体「新天地イエス教会」の大邱市内にある教会の信者ら関係者が2000人を超えた。

消毒作業が行われている新天地の大邱教会(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府の中央防疫対策本部によると、1日午前9時時点の韓国での感染者3526人のうち、新天地の大邱教会に関係のある人は2113人だった。感染者全体の59.9%に当たる。

 大邱市の場合、感染者2569人のうち73.1%が新天地の施設に関係があった。

 対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は「おそらく濃厚な接触が想像以上長く行われた可能性が高い」と説明した。

 防疫当局は新天地を中心とした感染者が3月初旬までは増加し続けると分析している。

 一方、韓国で感染が確認された人のうち、外国籍は35人だった。

 完治して隔離が解除された人は30人で、死者は18人となっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。