Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が飛翔体2発発射 今年初=約230キロ飛行

記事一覧 2020.03.02 14:06

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が東部の元山付近から朝鮮半島東の東海上に未詳の飛翔(ひしょう)体2発を発射したと発表した。飛翔体は約230キロを飛行したもようだ。新型ロケット砲や戦術地対地ミサイルなどと推定される。韓国軍当局は弾種や飛行距離、高度などを分析している。

韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が未詳の飛翔体を発射したと発表した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国軍は追加の発射に備えて関連動向を監視し、対応態勢を維持している。

 飛翔体は韓国軍の弾道弾早期警報レーダーなどに探知された。

 北朝鮮が飛翔体を発射するのは今年に入って初めてで、昨年11月28日以来となる。北朝鮮は当時、東部・咸鏡南道から東海上に「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」2発を発射した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。