Go to Contents Go to Navigation

徴用問題「日本と立場の隔たり大きい」 解決に時間必要=韓国外相

記事一覧 2020.03.02 15:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は2日、強制徴用被害者への賠償問題の解決方法に関連し「日本と外交的疎通を通じてさまざまな方法を協議しているが、依然として立場の隔たりが大きい」とし、「折衷案の模索にさらに時間がかかるのは不可避だ」と述べた。

対政府質疑を前にマスクを外す康長官=2日、ソウル(聯合ニュース)

 康氏はこの日午後、国会での対政府質疑に出席し、「政府は(強制徴用被害者賠への賠償を日本企業に命じた)大法院(最高裁)判決の尊重、被害者の賠償(請求)権履行の二つの原則を固守し、さまざまな合理的解決策について議論できるとの立場に基づいて問題に対処している」と説明した。

 また、日本による対韓輸出規制強化については「政府の立場は日本の輸出規制措置が不当で恣意的だというもので、輸出規制措置以前の状態に戻さなければならないという明確な目的がある」とし、輸出当局間の対話も続いていると説明した。

対政府質疑で発言する康長官=2日、ソウル(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。