Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者が死去 存命18人に=韓国

記事一覧 2020.03.03 09:25

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の韓国人慰安婦被害者1人が2日、韓国南東部、大邱市内の自宅で息を引き取った。慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」が3日、明らかにした。

慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」(資料写真)=(聯合ニュース)

 女性は1928年、浦項生まれ。10代後半で中国に連れて行かれ、慰安婦として苦しみを味わった。日本による植民地支配からの解放後も中国で暮らし、2000年代になってようやく韓国国籍を回復し、帰国した。

 葬儀などは遺族の意向により非公開で執り行われる。

 韓国政府が認定した慰安婦被害者240人のうち、存命者は18人に減った。慰安婦被害者の死去は今年2人目。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。