Go to Contents Go to Navigation

UAEバラカ原発1号機の燃料装填が完了 韓国の輸出第1号

記事一覧 2020.03.04 11:02

【ソウル聯合ニュース】韓国が海外に輸出した初の原子力発電所であるアラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原発1号機が、運転開始に向けた燃料装填(そうてん)を完了した。バラカ原発事業を手掛ける韓国電力公社が4日、伝えた。

バラカ原発1、2号機(韓国電力公社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 1号機を巡っては、UAEの原発運営会社「ナワー・エネルギー」が先月半ばに運営許可を取得していた。燃料の装填も完了し、本格的な運転開始準備に入る。

 バラカ原発事業は韓国独自モデルの原発「APR1400」4基をアブダビから西に約270キロ離れたバラカに建設するプロジェクト。韓国電力が中心となって2009年に受注し、1号機は18年に完工していた。

 韓国電力の関係者は「1号機の燃料装填を機にUAE側と協力関係を一段と強め、2、3、4号機の運転開始も全力でサポートする予定だ」と話している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。