Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎で「日常が停止した」 不安と怒り=韓国世論調査

記事一覧 2020.03.04 13:00

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況が続いており、日常生活に支障を来しているとする国民が多いことが4日、最新の世論調査で分かった。関連ニュースに接した時に怒りを感じるという人も大きく増えた。

政府は郵便局などを公的な販売所に指定してマスクの供給を始めた。郵便局前に並びマスクの販売開始を待つ市民=2日、江原道・江陵(聯合ニュース)

 ソウル大保健大学院のユ・ミョンスン教授のチームによると、世論調査会社の韓国リサーチに依頼して2月25日~28日に全国の1000人を対象にアンケートを実施したところ、「新型コロナウイルス問題により日常が半分以上停止したと感じる」との回答が59.8%を占めた。1月31日~2月4日に行った前回調査に比べ11.8ポイント上昇した。「日常に何の変化もない」は前回の10.2%から4.2%に縮小した。

 新型コロナウイルスに関するニュースに接した時の感情を問うと、前回調査では不安(60.2%)が最も多く、恐怖(16.7%)、ショック(10.9%)、怒り(6.8%)と続いたが、今回の調査では不安(48.8%)に次いで怒り(21.6%)が多かった。次いで、ショック(12.6%)、恐怖(11.6%)の順。

 新型コロナウイルス感染に対する危機感も強まっている。「感染する可能性が高い」は前回の12.7%から19.8%に拡大した半面、「感染する可能性は低い」は42.7%から29.2%に低下した。

 ユ氏は、新型コロナウイルスに対する国民感情の様相が変化したとしながら、「死者が増え、マスクは手に入らず、自宅隔離(待機)規則に背くといった事例に接することで感じる不安は、不信と結びつく」と指摘した。

 また、集団感染が発生した南東部の大邱・慶尚北道の在住者は特に強いストレスを感じていることが分かった。無力さや不公正さを感じ、鬱憤(うっぷん)を募らせている。ユ氏は同地域での精神面、健康面をケアするための取り組みが必要だとした。

 政府の危機対応に関しては、検疫を評価する回答が49.2%、防疫を評価する回答が57.9%で、それぞれ前回調査を上回った。疾病管理本部を信頼すると答えた人も74.8%から81.1%に増えた。

 その一方で青瓦台(大統領府)を信頼すると答えた人は前回の57.6%から49.5%に、マスコミに対する信頼も46.4%から39.9%に、それぞれ低下した。

感染者が多数発生している大邱では感染者に対応できる病床が足りなくなり、軽症者を近隣都市の「生活治療センター」に移し始めた=3日、大邱(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。