Go to Contents Go to Navigation

新型コロナの検査機関計115カ所 検査件数は13万件超=韓国 

記事一覧 2020.03.05 08:54

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央防疫対策本部によると、韓国国内で新型コロナウイルスの検査が可能が民間機関が先月7日の46カ所から今月3日時点で92カ所に増えた。政府は新型コロナウイルスの地域社会への感染拡大を防ぎ、被害を最小限に抑えるため、検査能力を強化している。

新型コロナウイルスの診断キット(資料写真)=(聯合ニュース)

 ただ、検査機関はソウル市と近郊の京畿道に集中している。ソウルには33カ所、京畿道には22カ所があるが、新興宗教団体の集団感染が起きた南東部・大邱市には6カ所しかない。隣接する慶尚北道には検査機関がない。

 韓国国内では民間機関92カ所のほか、市・道の保健環境研究院18カ所など計115カ所で新型コロナウイルスの検査が可能だ。

 同本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は「現在、一日に1万5000件を検査できる能力があるが、検査の効率性を高める予定」として、「感染リスクが高い人から検査を受け、適切な措置を受けるようにする」との方針を示した。

 韓国で新型コロナウイルス検査は4日時点で13万件以上が行われた。うち、5621人の感染が確認されている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。