Go to Contents Go to Navigation

集団感染の新興宗教団体本部を行政調査 信者情報など確認=韓国

記事一覧 2020.03.05 14:43

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官(保健福祉部次官)は5日の記者会見で、京畿道果川市にある新興宗教団体「新天地イエス教会」の本部に対する行政調査を行ったと明らかにした。

行政調査が行われた教団本部=5日、果川(聯合ニュース)

 金氏によると、調査は信者らの名簿や礼拝の出席記録、すべての団体関連施設の住所などを確認するためという。金氏は「(教団側が)提出した(信者らの)名簿の信頼性を検証し、信者の感染経路、移動経路などを把握するための防疫目的」と説明。「提出を受けた信者らの名簿について、一部の自治体から信頼性を問題視する声が出ており、資料を検証する必要性があると判断した」と述べた。

 韓国の防疫当局は教団の南東部・大邱市内にある教会で集団感染が起きたことを受け、先月末、信者の名簿の提出を要求。約9300人の名簿を確保し、新型コロナウイルスの検査を実施した。今月2日までに約5000人が検査を受け、うち約2300人の感染が確認されている。また、別の地域でも信者の感染が相次いでおり、当局は約31万人の信者全員の名簿を提出させ調査を行っている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。