Go to Contents Go to Navigation

仁川国際空港 出国者に3回の体温測定を実施

記事一覧 2020.03.05 18:12

【仁川聯合ニュース】韓国の仁川国際空港公社は5日、すべての出国者の体温を確認する制度を試験導入し、肺炎を引き起こす新型コロナウイルス(COVID19)のない空港であることを国内外に伝える宣言式を開催した。

宣言式であいさつする具本煥社長(公社提供)=5日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 宣言式には同公社の具本煥(グ・ボンファン)社長のほか、国立仁川空港検疫所や航空会社の関係者などが参加した。参加者は旅行客に仁川空港の防疫強化策について案内した。

 公社はこの日から出国者に対する防疫を強化した。出国するすべての旅客は出発ロビーの入り口、チェックインカウンター、搭乗口の3カ所で37.5度以上の発熱がないか確認を受ける。試験運用を経て、9日から正式に導入される。

 発熱が確認された場合、米国、中国、アラブ首長国連邦(UAE)などへ向かう便には搭乗できない可能性がある。

 公社側は体温の確認でこれまでよりも出国までに時間がかかる可能性があるため、早めに空港に到着するよう呼びかけた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。