Go to Contents Go to Navigation

日本による入国制限強化に「深い遺憾」 韓国大統領府高官

記事一覧 2020.03.06 08:57

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて日本政府が5日、韓国と中国からの入国者に対し指定場所での2週間の待機を要請するなどの水際対策強化を発表したことに対し、韓国青瓦台(大統領府)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長は同日夜、「本当に失望した」として「深い遺憾の意を表する」と述べた。KBSテレビのニュース番組で発言した。

青瓦台の金政策室長(中央)=(聯合ニュース)

 金氏は「新型コロナウイルス問題を解決するには国内の努力も重要ながら、国際的な連携も重要だ。われわれは韓中日間で特に緊密な協調体制を維持しようと多くの努力をした」と言及。また、韓国は1日に1万3000人のウイルス検査を実施して結果を発表するなど、世界で最も透明性を維持していると強調しながら、「『日本は果たしてわれわれほど透明だろうか』という疑いがある状況で、日本の過激な措置は大変遺憾」と繰り返した。

 日本は9日から韓国と中国からの入国者に対し、指定する場所での2週間の待機や日本での公共交通機関の使用自粛を要請すると表明した。また、7日から入国拒否の対象地域を拡大し、韓国については大邱と慶尚北道・清道に加え、慶尚北道の一部地域に滞在歴のある外国人の入国も拒否することにした。

 金氏は韓国国内でのマスク供給についても言及した。政府は5日、薬局や郵便局、農協で販売するマスクを来週以降は1週間に1人2枚に制限すると発表したが、金氏は「医療関係者や大邱・慶尚北道の在住者、社会的弱者などへの供給量を取り置くと、1週間の生産量は5000万枚を超える程度だ。全国民に1週間に約1枚を渡せるほどの生産量」と説明。政府は最善の努力を尽くすと述べる一方で、国民相互の配慮と政策への信頼を呼び掛けた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。