Go to Contents Go to Navigation

マスク品薄でメーカー訪問 生産状況点検=文大統領

記事一覧 2020.03.06 15:32

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が新型コロナウイルスの対応のため、マスク供給の安定化政策を打ち出す中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日、ソウル郊外の京畿道・平沢にあるマスクメーカーを訪問した。不正確な政府発表により、薬局などでマスクを求める市民の長い列ができるなど、混乱が生じており、現場の点検を通じてマスクの供給に問題が起きないようにしたい考えだ。

マスクメーカーの工場を訪問した文大統領(中央)=6日、平沢(聯合ニュース)

 文大統領は工場でマスクの生産工程などに関する説明を受けた後、産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官らからマスクメーカーに対する政府の支援策などについて報告を受けた。

 文大統領は3日の閣議で、マスクの供給が遅れていることに関して「マスクを迅速かつ十分に供給できず不便をかけている点について、国民に対し大変恐縮している」と謝罪した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。