Go to Contents Go to Navigation

韓国経済 新型コロナ感染拡大で急減速=政府系機関

記事一覧 2020.03.08 14:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)は8日発表した「経済動向3月号」で、韓国経済について、2月に輸出が振るわず、景況感の悪化で内需も冷え込んだとした上で、新型コロナウイルスの感染拡大で景気が急減速しているとの見方を示した。

KDIは「経済動向3月号」で、新型コロナウイルスの感染拡大で韓国の景気が急減速しているとの見方を示した=(聯合ニュースTV)

 KDIは1月までは景気不振が緩和されつつあるとの判断を示していたが、2月からは同ウイルスの感染拡大の影響で景気が急減速していると判断した。

 1月の全産業の生産は前年同月比0.5%減少したが、操業日数が減ったことを踏まえると昨年12月(同3.9%増加)と似たような流れが現れた。

 景気の現状を示す一致指数は0.3ポイント、景気の先行きを示す先行指数は0.1ポイント、いずれも上昇した。

 しかし、韓国銀行(中央銀行)がまとめた製造業の2月の景況判断指数(BSI、季節調整値)は前月の78から67に、全産業BSIは75から65に大幅に落ち込んだ。

 2月の消費者心理指数は前月の104.2から96.9に大きく下落した。KDIは消費活動がウイルスの感染拡大で急速に冷え込んでいることを示唆しているとの見方を示した。

 同ウイルスの感染拡大は輸出にも影響を与えた。

 2月の輸出は操業日数の拡大で4.5%増加したが、1日平均の輸出額は前月の5.9%増から減少に転じ、12.2%減となった。

 労働市場についても同ウイルスの影響で悪化する可能性を提起した。金融市場も株価、ウォンの価値、金利が全て下落し不確実性指数も上昇したと指摘した。

 KDIの関係者は「今後は不確実性が高まり、新型コロナウイルスの拡大具合によって状況が変わってくる」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。