Go to Contents Go to Navigation

韓国の新型コロナ感染者7382人 1日増加幅200人台に縮小

記事一覧 2020.03.09 11:49

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は9日、この日午前0時現在の韓国での感染者数は計7382人だと発表した。感染者は前日午後4時の時点から69人増え、前日午前0時の時点からは248人増えた。また、死者は前日午前0時の時点から1人増え、計51人となった。

新型コロナウイルス感染者の治療に当たる医療スタッフ=9日、ソウル(聯合ニュース)

 1日当たりの新たな感染者の発生数は先月26日以来、12日ぶりに200人台に縮小した。先月26日(253人)以降、新規感染者数は連日400人を超えていたが、前日の8日には300人台となっていた。

 新たに感染が判明した248人のうち、216人は南東部の大邱市(190人)とその周辺の慶尚北道(26人)で確認された。両地域の感染者数は累計6678人(大邱市5571人、慶尚北道1107人)で、感染者全体の90.5%を占める。

 このほかの地域の感染者数の累計は京畿道が152人、ソウル市が130人、忠清南道が102人、釜山市が96人、慶尚南道が83人、江原道が28人、忠清北道が25人、蔚山市が24人、大田市が19人、光州市が15人、仁川市が9人、全羅北道が7人、世宗市が6人、全羅南道が4人、済州島を行政区域に持つ済州道が4人。

 感染者のうち、女性は4583人で62.1%を占める。

 感染者を年齢層別にみると、20代が2190人で最も多く、全体の29.7%を占めた。次いで50代が1391人(18.8%)、40代が1005人(13.6%)、60代が916人(12.4%)、30代が779人(10.6%)、70代が438人(5.9%)、10代が381人(5.2%)、80歳以上が216人(2.9%)、0~9歳が66人(0.9%)の順だった。

 新たに死亡が確認されたのは慶尚北道に住む70代男性で、肺炎が悪化して亡くなった。高血圧と痛風の持病があったとされる。

 感染者のうち、完治して隔離を解かれた人は36人増え、計166人となった。

 一方、感染の有無を調べるためこれまでに検査を受けた人(感染者含む)は19万6618人で、このうち17万1778人は陰性だった。残り1万7458人は結果待ちだ。

 中央防疫対策本部は、午前10時(同0時時点)と午後5時(同4時時点)の1日2回、新型コロナウイルスの感染者数を発表している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。