Go to Contents Go to Navigation

韓国が近海漁船を減船 日本での操業依存度引き下げへ

韓日関係 2020.03.09 14:13

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部は9日、韓国漁船の日本の水域での操業依存度を引き下げるため、近海漁船45隻を職権で減船すると発表した。

港に停泊する漁船(資料写真)=(聯合ニュース)

 同部は「わが国の近海漁業は海洋環境の変化や水産資源の枯渇など、多くの困難に直面している」とし、2016年に91万トン水準だった近海漁獲量は18年に101万トンと回復傾向を示したが、昨年再び91万トンに下落し、サバ、イカ、イワシなどの漁獲が特に低調な状況だと説明した。

 また、2020年漁期の韓日漁業交渉の妥結遅延によって日本水域への入漁が4年間中断しており、操業依存度が高い魚種の漁獲量が減少しているとした。

 このような状況を受け、海洋水産部は今年近海漁船85隻を減らす方針だ。まず、大型巻き網漁船やイワシ漁船などを対象に需要調査を行って40隻の自主減隻の申し込みを受け付け、これに加えて近海船舶45隻を職権で減船する。

 職権減船の対象には、日本水域での操業依存度が高い近海はえ縄漁船10隻と近海イカ釣り漁船4隻を含んでいる。イカの資源回復のため、大型トロール船も5隻減らす。また、国内の水産資源回復と操業競争緩和のため、近海アンコウ網漁船5隻と小型巻き網漁船7隻も減船する。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。