Go to Contents Go to Navigation

韓日の入国制限強化初日 仁川発関空行きの搭乗客わずか8人

記事一覧 2020.03.09 15:26

【仁川聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、韓国と日本がそれぞれ相手国に対する入国制限の強化を実施した9日、韓国・仁川空港と日本を行き来する旅行客はほぼ途絶えた。

閑散とした関西国際空港行きの便の搭乗口=9日、仁川(聯合ニュース)

 同日の日本行き航空便の搭乗客は10人に満たず、日本を出発する航空機もほとんどが空席のままだった。

 航空業界と仁川国際空港公社などによると、9日に仁川空港から日本に出発する搭乗客は116人、日本から仁川空港に入国する乗客数は202人の計318人と予想される。

 これは2018年の1日平均旅行客数(3万6792人)の115分の1にとどまる水準だ。新型コロナウイルスの感染拡大により、搭乗客数が大幅に減少した今月2日の旅行客数は6016人だったが、これと比べても約20分の1に落ち込んだことになる。

 その上、日本での入国制限を理由に予約のキャンセルも相次ぎ、実際に搭乗する人数はさらに少なくなる可能性もある。

関西国際空港行きの便に搭乗する乗客=9日、仁川(聯合ニュース)

 実際に、この日午前11時に関西国際空港に向けて出発する飛行機の搭乗客は8人のみだった。韓国人はおらず、全員が日本人、中国人などの外国人だった。

 航空会社によると、同日午前9時時点ではこの便の搭乗客は26人と予想されていたが、最終的に搭乗したのは8人だったという。この航空機の定員は121人だ。

 同機の搭乗客は、ビザの更新などやむを得ない事情がある人が大部分だった。 

 中国国籍で、日本在住だがこの1年間韓国に滞在していた搭乗客は、報道陣に対して「日本の永住権を更新するために、他に方法がないので日本に行く」と説明した。

関西国際空港行きの便の搭乗口=9日、ソウル(聯合ニュース)

 同じ時間帯に大阪を出発して仁川空港に到着した飛行機の乗客も、急きょ帰国を決めたケースが多かった。この飛行機の搭乗客も25人のみだった。

 この日から、日本から入国する乗客は、中国・香港・マカオから到着した乗客と同様に特別検疫申告書、健康状態質問書を作成し、自己診断アプリをダウンロードする特別検疫手続きを行わなければならない。

 この日入国した乗客は「仕事のために日本に行ってきたが、日々状況が変わるので予定より早く戻ってきた」と話した。

 別の乗客は「日本に用事があり、日本人の妻の代わりに日本に行ってきた」とし、「日本人は一度日本に行くと韓国に戻るのが難しそうなので、昨日日本に行って今日帰国した」と説明した。 

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。