Go to Contents Go to Navigation

午前便で訪日した韓国人は3人のみ 「外務省と意思疎通維持」=韓国

記事一覧 2020.03.09 17:51

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、韓国と日本がそれぞれ相手国に対する入国制限の強化を実施した9日午前、韓国を出発して日本に到着した航空便2便だった。2便に搭乗した乗客は計11人で、うち韓国人は3人にすぎなかった。

金浦国際空港の掲示板に日本行きの航空便が「欠航」と表示されている=9日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国外交部によると、同日午前、仁川を出発して成田空港に到着した乗客8人中韓国人は2人で、仁川を出発し関西空港に到着した乗客3人中韓国人は1人だった。3人はいずれも事前に再入国の許可を受けており、事実上、両国の人的交流が途絶えた状況といえる。

 在日韓国大使館と大阪総領事館は空港に職員を派遣し、韓国人の入国に問題がないかどうかなどを確認している。

 両国の外交協議にも支障が出るとの懸念が出ている。外交部高官は記者団に対し、「日本の外務省と外交部は緊密な意思疎通を維持している」として、「ぎこちない関係があっても意思疎通を維持することが重要で、状況をしっかり管理していく」と述べた。

 両国は欠かせない協議はテレビ会議の形式で行う方針だ。10日に予定されている輸出管理を巡る政策対話もテレビ会議で行う。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。