Go to Contents Go to Navigation

日本映画「新聞記者」 韓国で再公開へ

記事一覧 2020.03.09 18:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の女優、シム・ウンギョンが出演し、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞した映画「新聞記者」が11日からシネマコンプレックス(複合型映画館)大手のCJ CGVで再び公開される。配給会社が9日明らかにした。

「新聞記者」に主演した松坂桃李(左から)とシム・ウンギョン、藤井道人監督(日本アカデミー賞授賞式のツイッターから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「新聞記者」は東京新聞記者の著書を原案とする作品で、現政権のスキャンダルを連想させる作品。シム・ウンギョンは国家の闇を追う主人公の若手記者、吉岡エリカを演じた。

 日本では昨年6月に公開され、一部新聞やSNS(交流サイト)での口コミで評判を呼んだ。韓国では昨年10月に公開され、約1万人を動員した。

 今回の日本アカデミー賞では作品、主演男優、主演女優の3部門で最優秀賞を獲得した。韓国の女優が主演女優賞を受賞したのは初めて。

 受賞を受け、韓国では同作品が動画配信サービスの人気順位で上位に入るなど、関心を集めている。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。