Go to Contents Go to Navigation

「マスク5部制」 外国人は身分証と保険証提示で購入可能=韓国

記事一覧 2020.03.10 09:56

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染が広がり、品薄状態が続くマスクの購入可能な曜日を出生年によって指定する「マスク5部制」が9日から実施されている。

ソウル市内の薬局で身分証を提示しマスクを買う購入者=9日、ソウル(聯合ニュース)

 2日目の10日は生まれた年の末尾が2、7の人が薬局でマスク2枚を購入できる。

 販売者は購入者の身分証を確認し、購入履歴をチェックした上で販売する。外国人の場合、健康保険証と外国人登録証の提示が必要だ。

 平日に買えなかった場合、土日には全ての人が購入可能だ。満10歳以下の子ども、満80歳以上の高齢者は家族による代理購入が認められる。障害者も代理人による購入が可能だ。

 マスクの重複購入を調べるシステムがまだ構築されていない郵便局と農協ハナロマートでは同システムが構築されるまで5部制は施行されず、1日に1枚購入できる。

 韓国政府は5日の臨時閣議で、政府が指定する公的販売所の薬局、郵便局(一部地域を除く)、農協ハナロマート(ソウル市、京畿道を除く)で購入できるマスクの枚数を1週間に1人2枚までに制限することなどを盛り込んだ需給安定策を決定。月曜日は生まれた年の末尾が1、6年の人、火曜日は2、7年の人、水曜日は3、8年の人、木曜日は4、9年の人、金曜日は5、0年の人が購入できるマスク5部制を導入した。 

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。