Go to Contents Go to Navigation

日本からの入国制限初日 437人が韓国入国=全員症状なし

記事一覧 2020.03.10 15:18

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、韓国が日本からの入国制限の強化を始めた9日に韓国に入国した437人のうち、新型コロナウイルスの感染が疑われる症状を示した人はいなかったことが分かった。政府の中央対策本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長(保健福祉部公共保健政策官)が10日、政府世宗庁舎で開かれた会見で明らかにした。

仁川国際空港に到着した日本からの入国者=9日、仁川(聯合ニュース)

 政府は9日から、日本から入国する全ての韓国人と外国人を対象に特別入国手続きを行い、中国本土や香港、マカオから国内に入国する場合と同様に体温検査や特別検疫申告書の作成を要求するなど、入国手続きを強化している。

 また、入国者は韓国内の連絡先、滞在先の住所を報告し、健康状態をモニタリングするための自己診断アプリをダウンロードしなければならない。

会見を行う尹泰皓・防疫総括班長=10日、世宗(聯合ニュース)

 政府の中央災難(災害)安全対策本部は、特別入国手続きを実施した初日の日本からの入国者数が大幅に減少したと明らかにした。

 同部によると、先月26日から今月8日までの2週間の日本からの入国者数は1日平均4770人だったが、9日には約9割減となった。

 同部は「(入国者が)2日以上症状があれば疾病管理本部と地方自治体が集中的に管理する予定だ」とし、「持続的に応答がない場合は警告メッセージを送り、法務部、警察庁と協力して位置を把握するなどの措置を取る」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。