Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 約20カ国と企業関係者の入国許可協議=日本とも議論へ

記事一覧 2020.03.10 18:07

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの流入を防ぐため、韓国からの入国を制限している国・地域が増える中、韓国外交部がビジネス目的での入国は認めるよう各国の政府と協議を進めていることが10日、分かった。

仁川空港の電光掲示板の前を通り過ぎる案内ロボット=10日、仁川(聯合ニュース)

 外交部によると、政府は韓国からの入国を制限している国や地域のうち、約20カ国・地域の政府と、企業関係者の出張については許容する方策について協議している。

 協議を行っているのは、中国、ベトナム、インドネシア、インド、トルコ、クウェート、カタール、ウズベキスタンなど韓国との経済交流が活発な国。特に中国とベトナムは韓国との貿易規模が大きく、現地に工場などを置く韓国企業も多いため、入国制限の解除を求める声が強いという。

 ベトナムの場合、サムスンディスプレーが現地工場の生産ラインを変更するために約700人のエンジニアを派遣する必要があるが、入国後に14日間隔離されるため、実施が難しい状況だ。

 同社現地法人がベトナム政府に韓国からの出張の受け入れを要請した後、韓国外交部がベトナム政府と協議している。 

 米国は韓国からの入国を制限していないが、今後、入国制限が実施される可能性があることから、米国とも企業関係者の円滑な入国の保障について協議を進めている。政府は入国が制限されれば、サムスン、現代自動車、LG、SKなど米国に多くの投資を行っている韓国企業の活動に支障が生じると説明しているもようだ。

 政治的な理由で韓国からの入国を制限した日本とも関連協議を進める方針だ。 

 政府はウイルス検査で陰性であったことを証明する防疫当局の書類を所持した企業関係者については入国を許容するよう相手国を説得している。

 政府関係者は「新型コロナの陰性証明書と出国前の検査が基本的な説得手段になる」とし、「最近、国内の感染者が減少し、海外メディアなどが韓国の防疫システムを肯定的に評価していることも役立つと期待している」と話した。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。