Go to Contents Go to Navigation

放射能懸念による東京五輪不参加 国民半数以上が「賛成」=韓国

記事一覧 2020.03.11 09:20

【ソウル聯合ニュース】韓国国民の半数以上は、2011年の東京電力福島第1原発事故により放出された放射性物質に対する懸念から東京五輪への不参加に賛成していることが11日、分かった。

東京五輪の野球・ソフトボールの一部試合が行われる予定の福島あづま球場(資料写真)=(聯合ニュース)

 環境保健市民センターが全国の成人1097人を対象に実施した調査の結果、55.5%が「放射能汚染への懸念から東京五輪への不参加に賛成する」と答えた。

 「不参加に賛成しない」との回答は28.5%、「分からない」などその他の回答は15.9%だった。

 東京五輪に関連し、「放射能による安全問題が深刻に懸念される」との意見は全体の91.6%に達した。

 また、78.4%は「放射能汚染問題で日本への旅行についても注意勧告が必要だ」と答えた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。