Go to Contents Go to Navigation

集団感染発生のコールセンター 感染者は90人に=ソウル市長

記事一覧 2020.03.11 10:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は11日、市内の保険会社のコールセンターで発生した集団感染に関連し、感染者は社員とその家族だけで、同日午前0時の時点で90人に上ると明らかにした。ラジオ番組のインタビューで述べた。

朴元淳市長(資料写真)=(聯合ニュース)

 朴氏は同ビルに入居しているほかのオフィスの人などに対するウイルス検査も行っているとした上で、「コールセンターはソウルだけで417カ所ある。集団感染のリスクにさらされやすい勤務環境なので、勧告事項に従わない場合は閉鎖命令を出すことができる」と説明した。

 また、新興宗教団体「新天地イエス教会」が国内での感染拡大の元凶であるとの考えをあらためて強調した。

 朴氏は、同宗教団体の大邱市の教会に通う信者の感染が確認されてから感染者が爆発的に増えたと指摘した上で、「この集団のせいで膨大な社会的、経済的被害が発生した」と非難した。

 朴氏によると、集団感染が起きたコールセンターの社員のうち2人が信者であることが確認された。2人ともウイルス検査の結果は陰性だったが、さらに調査を進め、集団感染と同教会との関連性について追跡する方針だという。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。