Go to Contents Go to Navigation

韓国の2月ICT輸出8.5%増 16カ月ぶりプラス

IT・科学 2020.03.11 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は11日、2月の情報通信技術(ICT)分野の輸出額は137億4000万ドル(約1兆4400億円)で前年同月比8.5%増加したと発表した。増加は2018年11月以降、16カ月ぶり。主力品目の半導体の輸出額が前年同月比9.3%増加し、携帯電話も4.7%増となった。

ICT輸入額の推移(単位:億ドル、科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 半導体部門は半導体メモリー(2.9%増)、NAND型フラッシュメモリー(34.0%増)、システムLSI(大規模集積回路、27.5%増)の輸出がいずれも15カ月ぶりに増加した。

 携帯電話は完成品輸出が減ったものの、海外生産とカメラモジュールなど高機能部品の需要が増え、輸出が伸びた。

 ディスプレーの輸出額は前年同月比14.9%減の13億2000万ドル。有機ELパネルはスマートフォン販売の拡大で輸出が小幅に伸びた一方、液晶パネルは生産減で輸出も減少した。

 コンピューターと周辺機器は87.8%増の11億3000万ドルだった。ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を中心に、周辺機器の輸出がそろって伸びた。

 国・地域別の輸出額は、中国向けが61億9000万ドル、ベトナム向けが23億3000万ドル、米国向けが17億1000万ドル、欧州連合(EU)向けが8億7000万ドル、日本向けが3億4000万ドル。

 2月のICT輸入額は前年同月比5.7%増の77億1000万ドルで、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は60億4000万ドルの黒字だった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。