Go to Contents Go to Navigation

韓国からの入国制限国 3~4カ国でビジネス目的を例外許可

記事一覧 2020.03.11 16:13

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け韓国からの入国を制限している国の一部で、ビジネス目的の企業関係者に限り例外的に入国を認めるケースが出ている。

外交部はビジネス客の例外的な入国許可を巡り、約20カ国・地域と協議を行っている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国外交部によると、韓国からの入国を制限しているアジアのある国は、特定プロジェクトに携わる韓国の企業関係者に限り、例外的に入国を許可した。新型コロナウイルスに感染していないことを証明する書類を持参した人々で、14日間にわたり定期的に体温を測定して健康状態を現地の当局に報告することを条件に入国を許されたという。

 外交部の高官は、企業関係者の入国を例外的に認める国が増えているかどうかを問う質問に、現在のところ「3~4カ国」だと伝えた。

 韓国政府は、ウイルスに感染していない証明書などを持参した企業関係者について例外的に入国を認めてもらうため、中国やベトナム、インドネシア、インド、トルコなど約20カ国・地域と協議を行っている。

 外交部によると、11日午前9時現在、114カ国・地域が韓国からの入国を制限している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。