Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ感染者7869人に 増加幅縮小=首都圏で初の韓国人死者

記事一覧 2020.03.12 12:07

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は12日、この日午前0時現在の韓国での感染者数は計7869人だと発表した。感染者は前日午前0時の時点から114人増えた。また、死者は7人増え、計67人となった。

新型コロナウイルスの集団感染が発生したソウル市内のビルの前に設けられた診療所で、検査の準備をする医療関係者=12日、ソウル(聯合ニュース)

 1日当たりの新たな感染者発生数は前日の242人から再び半分以下に減少したが、ソウル市九老区のコールセンターの集団感染に関連してソウル市で19人、京畿道で3人の感染が新たに確認されるなど、感染拡大が首都圏でも広がりつつある。

 新たに感染が判明した114人のうち、81人は南東部の大邱市(73人)とその周辺の慶尚北道(8人)で確認された。 

 大邱地域の感染者数は累計5867人と、6000人に迫るペースで増加している。慶尚北道では累計1143人の感染が確認されている。

 このほかの地域の感染者数の累計は、ソウル市が212人、釜山市が99人、仁川市が25人、光州市が15人、大田市が20人、蔚山市が25人、世宗市が15人、京畿道が178人、江原道が29人、忠清北道が27人、忠清南道が114人、全羅北道が7人、全羅南道が4人、慶尚南道が85人、済州島を行政区域に持つ済州道が4人。

新型コロナウイルスの集団感染が発生したソウル市内のビルの前に設けられた診療所で、冷えた手足をストーブで温める医療関係者=12日、ソウル(聯合ニュース)

 公式の集計では12日午前0時現在の死者は66人と報告されているが、同日午前にソウル近郊の病院で80代の韓国人男性が死亡し、死者は計67人となった。首都圏では先月25日にモンゴル人の感染者が死亡したが、韓国人が死亡したのは初めて。

 感染者のうち、完治して新たに隔離を解かれた人は45人増え、計333人となった。

 一方、感染の有無を調べるためこれまでに検査を受けた人(感染者含む)は23万4998人で、このうち20万9402人は陰性だった。残り1万7727人は結果待ち。

 中央防疫対策本部は、毎日午前10時に同0時時点の新型コロナウイルスの感染者数を発表している。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。