Go to Contents Go to Navigation

パンデミック宣言 「防疫措置に変更ない」=韓国政府

記事一覧 2020.03.12 14:54

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央対策本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長(保健福祉部公共保健政策官)は12日の定例会見で、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスについてパンデミック(世界的な大流行)の状況にあると表明したことに対し「わが国の防疫が大きく変わる部分はない。これまで行ってきた措置を続けていく」との方針を示した。

会見を行う尹泰皓防疫総括班長=12日、世宗(聯合ニュース)

 政府が感染症の危機警報を最高レベルの「深刻」に引き上げ、それに見合った措置を取っているためWHOのパンデミック宣言を受けての追加措置はないと説明した。

 国内の状況については、感染拡大の勢いが収まる初期段階との見解を示した。ただ、集団感染が発生した南東部の大邱市とその周辺の慶尚北道の感染者が依然多く、ほかの地域でも散発的に集団感染が起きているため安心できない状況だと強調した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。