Go to Contents Go to Navigation

金浦空港 国際線の発着便ゼロに=国際線再開後初

記事一覧 2020.03.12 19:53

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス感染拡大の影響で12日にソウル・金浦国際空港を発着した国際線がゼロだった。

ひと気のない金浦空港の国際線ターミナル=12日、ソウル(聯合ニュース)

 金浦空港を発着する国際線は5路線あるが、新型コロナウイルスの影響で一部が運休し、現在は中国東方航空の上海線(週6往復)と、中国南方航空の北京線(週2往復)の2路線のみが運航している。

 この日はいずれも予定された便がなかったため、離着陸する国際線の機体が1機もなかった。

 中国の航空会社は便数をさらに減らす方針であることから、金浦空港の国際線ターミナルがまったく使われない日はさらに増える見通しだ。

 大韓航空やアシアナ航空など韓国の航空会社は現在、金浦空港を発着する国際線の路線を運休した状態にある。

 金浦空港が国際線の運航を再開した2003年以降、離着陸する国際線の航空機がゼロだったのは初めて。

 一方、国内線は通常通り運営されており、韓国空港公社の関係者は「国内線は航空便約160便が正常に運航中」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。