Go to Contents Go to Navigation

韓国総合株価指数が急落 売買取引を一時停止

記事一覧 2020.03.13 14:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の有力企業が株式を公開している有価証券市場は13日、取引を開始して間もなく総合株価指数(KOSPI)が急落し、取引を一時停止する「サーキットブレーカー」が発動された。

13日の総合株価指数(KOSPI)が急落した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国取引所は同日午前10時43分、KOSPIが前日終値比で8%を超えて値下がりした状態が1分間続いたことから、有価証券市場の売買取引を20分間停止するサーキットブレーカーを発動した。発動時のKOSPIは前日比149.40ポイント(8.14%)安の1684.93だった。

 同日には新興企業向け株式市場コスダックの指数も取引開始直後に急落し、サーキットブレーカーが発動された。両市場で同じ日にサーキットブレーカーが発動されたのは初めて。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。