Go to Contents Go to Navigation

日本やイタリアからの留学生 韓国入国後は2週間登校できず

韓日関係 2020.03.13 16:41

【世宗聯合ニュース】韓国教育部は13日、日本やイタリア、イランなど「特別入国手続き」の適用対象国から今後入国する全ての留学生について、入国後2週間の登校中止措置を取ると発表した。対象国から入国する学生は2週間、大学の寮や自宅アパートなどで自主的な隔離生活を送ることになる。これまでは中国から入国する留学生にこうした措置を適用していたが、対象を広げる。

9日、仁川国際空港で特別入国手続きに応じる日本からの乗客=(聯合ニュース)

 韓国政府は2月4日、新型コロナウイルスの拡大防止策として、中国から入国する人に対する特別入国手続きを開始。その後、同手続きを適用する国・地域を香港・マカオ(2月12日から)、日本(3月9日から)、イタリア・イラン(3月12日から)、フランス・ドイツ・スペイン・英国・オランダ(3月15日から)と次第に増やした。

 特別入国手続きの対象者はサーモグラフィーでの体温測定、健康状態アンケートの提出、健康状態を報告するための専用アプリのインストール、感染が疑われる症状がある場合の隔離などに応じなければならない。

 教育部によると、中国本土を除く特別入国手続き対象国出身の留学生は、昨年4月時点で韓国の大学に計8979人在籍している。うち日本人が4392人で最も多く、フランス人が1442人、香港・マカオ出身者が1003人、ドイツ人が814人、英国人が295人、イラン人が273人、オランダ人が270人、イタリア人とスペイン人がそれぞれ245人となっている。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。